ロゴ
HOME>口コミ>手提げ袋で集客アピールしよう【皆のアイデアをチェック】

手提げ袋で集客アピールしよう【皆のアイデアをチェック】

手提げ袋

お客様が購入した商品を入れる手提げ袋は、おしゃれなデザインにした方が好感が持てます。今回は実際に手提げ袋を活用して、広告として役立てているショップの声をまとめました。

レビュー

セール時期には手提げ袋のデザインを変えています

ブティックに勤務しているのですが、セールの時期に効率良く広告できる方法はないかと店長から相談されました。商業ビルに入っているショップさんなら、建物の中や外でポスターを使って宣伝できますが、うちのような店は地道に公式サイトやSNSを使ってするしかありません。顧客リストを元にDMを送付してもいいのですが、自分たちのような20代くらいの人は面倒で見ることもないように感じます。他の社員が手提げ袋のデザインを変えてセールをしていると通知することができないかと提案しました。ネットショップで手提げ袋のデザインを受け付けている所は、短い納期で対応できますし、デザインについても相談にのってくれると言うことです。セールの時期だけ手提げ袋のデザインを変えることに決め、始まる1週間くらいの少し前の時期からセール期間中に使うことになりました。よく目立つ可愛らしいデザインにしてもらえたため、顧客にも評判が良かったですし、持ち歩いているのを見た方が当店まで訪ねてきて、いつもの時期よりも売上が増えました。
[20代 女性]

思わず持ち運びたくなるようなお洒落なデザインにしました

生活雑貨を扱う店舗で働いていますが、上司から顧客アンケートの結果が渡され、多くのお客様からショップバッグがみすぼらしいという回答が多いと言われました。店舗担当者一同、ダサいから渡さないで欲しいとか、持ち帰っても捨てるしかないという感想にショックを受けました。今まで使っていた社名入りのビニールタイプの袋をやめ、高級感がある紙製の手提げ袋にすることに決めます。大人の女性が持ち運びをしてもお洒落なように、パステル系の爽やかな色にし、社名や連絡先を側面に印刷し、社名等のプリントをあえて小さめにしてデザインの邪魔にならないようにしました。手提げ袋を変えたところ、お洒落で商品や店舗の雰囲気に合うようになったとか、持ち歩いても恥ずかしくないという声が寄せられるようになったのです。街を歩いてみると、当店の手提げ袋をプライベートでも使用している方を多く見かけるようになり、会社の宣伝だけでなく、お洒落なデザインも大切だと感じています。
[30代 女性]